ドラムほぼ初心者がエアロドラムを一週間叩いてみた

先週、エアロドラムを買った記事を書きました。

aerodrums-box-content 

それから一週間、毎日ではありませんが(空気を)叩いて遊んでみました。

設定方法や便利な機能などの紹介はまた別途として、今回は僕がもった感想・レビューを書こうかと思います。

まず、僕のドラム初心者ぶりですが、以下のような感じです。

  • 高校の頃に興味を持ち基礎を少しやってた
  • 大学の頃にバンドでドラムを叩いた(ライブの企画で2~3曲くらい。通常のパートはキーボード)
  • その後10年以上ドラムもパーカッションも無縁

10年のブランクは激しいですが、果たして楽しめるのか?というのが心配なところでした。

さて、ちょっとやってみた感想は…

こりゃ面白い!!!けどなぁ…

という感じです。つまりいい面も悪い面もあるなーと。

いい・楽しい面

  • レイテンシーはほぼない
    • ASIO対応のオーディオインターフェイスを使えば、レイテンシーは全く気になりません。まるで本当にドラムを叩いている気分になります。
  • プリセットのドラムはなかなかいい音で生ドラムな気分に浸れる
    • ハイハットのハーフオープンもできたり、振り下ろすスピードでベロシティがコントロールできたりと、上手い人が叩けばかなりの演奏になりそう。
  • 自分の好きな曲に合わせて叩ける
    • 対応形式はMP3とOGGなので、もう少し多くのフォーマットに対応してほしいところですが、自分の好きな曲に合わせて叩けるのはとても楽しいです。
  • 自分ごのみのドラムセットを組める
    • 例えばスネアのリムショットやライドシンバルのカップなど。どうするのかなーと思ってたんですが、リムショットのみのパーツを配置することで音を鳴らすことが可能になります。
    • また、スネアをどこに置くか、ハイハットはどこか…など、自分が(空気を)叩きたい場所をそれぞれ指定することができます。

よくない・面倒な面(自分が悪いのもあるけど)

  • 疲れる(気がする)
    • 通常のドラムはリバウンド(跳ね返り)がありますが、これはエアーなのでありません。そのため振り上げも自分でやらねばならず、普通より疲れる気がします。(本物のドラム叩いたの10年前ですが)
  • 眩しい
    • センサー用のライトは結構眩しいです。少しずらして置くので直視することはないんですが、やっぱりサングラスがいるかなぁと。僕メガネしてるんで、オーバーグラスじゃないとならないんだよなぁ。
  • 部屋を暗くしないとならない
    • センサー用のライトがマーカーを拾うので、全体的に部屋を暗くした方がうまくいくようです。
  • ドラムのセッティングが毎回必要
    • カメラを固定で置きっぱなしにすればいいのだと思うんですが、カメラが動くと設定しなおしが必要です(必須じゃないけどずれてしまうことが多い)。
  • 狭い部屋じゃできない
    • カメラから1.2~1.5mくらい離れないとならないのでおこたPCでは厳しそう(カメラを突き放せばOK)

こんな感じかなーと思います。

そして僕が思う最終的な考えは、

「ドラム経験者じゃないと少しつらいかも?」

というところです。なぜかというと、エアロドラムは空気を叩くドラムですから、そこにタイコやシンバルはありません。つまり自分のイメージだけで叩かなければならないわけです。

となると、どこに何のパーツがあるかをきちんと頭に入れておかなければなりません。

僕はブランクが長すぎるからか、遊んでいるうちに違うところを叩いたりしてしまいます。違う音が鳴ったり、そもそも鳴らなかったり…というのが頻発。

なので、本物のドラムも叩けないと、エアロドラムの本領は発揮できないかなぁと。

それから、コツとしてはアクション(振りかぶり)は小さい方がよさそうです。

振りかぶりが大きいと、振り上げたところで別のタイコを叩いてしまいます。これは、カメラでスティックの位置を拾うのに、奥行きには弱いからだと思います。

これらは慣れで解消するかもしれないので、もう少し遊んでみます。

ドラムの練習になるか?

「これはドラムの練習になるのか?」という疑問は、本物を叩いてみないとわからない…というのが正直なところです。

前述の通り、跳ね返りがないのでそれが本物のとの大きな差になったりならなかったりするかもしれなかったりするような予感です。

そのうちリハスタにでも行ってみようかな?

エアロドラムは買いか?

最後に、個人的に結局これは買ってよかったのかよくなかったのかを。

個人的には買ってよかったです。後悔はありません。

理由は以下です。

  • 楽しい
    • ドラム演奏の気分はとても味わえます。好きな曲で叩いて、フィルがスカッと決まると気持ちよい!
  • ソフトウェアのアップデートに期待できる
    • PlayStation Eyeやマーカーの仕組みの限界はあると思いますが、基本的に性能はハードよりもソフト依存な印象です。今後のアップデートでもっとやりやすく楽しくなるかもと期待できます。
  • 痩せそう
    • ドラムは運動になるなぁと改めて思いました。何曲か遊んでるとジワッと汗をかきます。

ドラマーになりたいわけじゃないけど、ドラマーの気持ちを味わいたい人にはとてもよいと思います!

僕の演奏はとても人に見せられたものじゃないので、上手な人の動画を。


Comment

Name
mail
URL
 
 
 
 

Trackback URL

記事検索
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ